FC2ブログ

改的BLOG

棚在庫を消化中の妻子持ちモデラーが地球を去るまでの苦闘の日常 完成品はリンク先の本家サイトまで♪

1/35 ルノーB1bis その4 

2018.07.18

Twitterでも言いましたが、辛抱たまらんでタミヤにデカールを請求。

b32.png
某軍車両だったら一悶着ありそうですが、おフランスの戦車では誰も気にせず組んでおられるようで。
まあそういうあたり、自分が某軍車両をサクサク組みにくい理由なんですよね。
こういう僻地の個人的備忘録なんて、誰も気にしないでしょうけど。

1/35 ルノーB1bis その3 

2018.05.12

基本塗装も済んで楽しくて緊張するマーキングまで来ました。
塗装例CのNIVERNAISⅡを選択。ってこいつの作例をあまり見ないってのが理由です。

b20.png

でうっかり実車資料の画像みたら砲塔左側にも車名がある...。
タミヤさんしっかりしてちょうだいな。
b21.png

まあ本車は88mmと榴弾砲により撃破されるも犠牲者はでなかったてのが救いですかね。

1/35 ルノーB1bis その2 

2018.04.24

ツイートでも言いましたが5年半近く放置していたB1bisです。
その間にガルパンが始まっていまやメジャー戦車の仲間入りとは...。

b3.png
でサクッと主砲防盾の周囲6箇所に穴あけ、キューポラ吊り下げフックの追加&アンテナ基部に真鍮線用の開口を施すと。
これもなんとかGWには塗装から完成まで持ち込めそうです。
さて後の放置中は戦車x2にガンプラx4、Makがx1とちょっと全完成は無理っぽいですなぁ。

1/35 ルノーB1bis その1 

2012.09.03

訳あって箱を減らすべく組んでいますW
次はコレとばかりにタウロのFiat3000の箱を開けたら、なんと履帯がボロボロに崩壊....
じゃあと思って出したCMK版35tは部品が紛失。

800.jpg
でその下に積んであったB1bisをば。
流石タミヤ、缶チューハイを片手に1日で形になりました。
合わせ目消しは75mm砲身と砲塔、キューポラ、アンテナ基部のみです。

801.jpg
手を加えたのは1のブタの尻尾フックを追加しただけです。
2の所に付くA7は何でしょうね...タミヤの作例でも付いていないし組説にも解説は無いしなぁ。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

1/35 ルノーFT その4 

2010.02.19

456.jpg
塗装に入りましたが、WW2序盤に運用されていたなんて脳内設定でやっていたのですが、その当時のFTで資料になりそうな画像なんて更に無い。
肝心な説明書はポーランド語だし手持ちの資料も無いのでB1bisの塗装図から推測してます。
なお超壕用のソリ(丸印部分)、塗装中に欠けが見られたのでプラ帯材にて修正。
組んでいる最中には全く気づきませんでした~

という訳で完成品はココです!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

1/35 ルノーFT その3 

2010.01.13

連休中はなんとか1つは完成させようと思っていたのですが、成人式ということで姪っ子が厚木から来るは、娘とスケートに行かなければならないはで全く触る機会すらありませんでしたorz...
いや20年ぶりぐらいにスケートに行きましたが、コケる事なく何とか威厳を保てました...

447.jpg

で連休明けめでたくamazonにて見つけたカステンの連結履帯を組んでみました。
片側デフォで30枚、しかも上下を張り合わせれば後はパチッとはめていくだけという御手軽なモノで1時間もあれば完成しました。
画像では上から順にキットのベルト式、カステン連結式、下の白色のはRPM純正の連結式の物。
何故か説明も無く8枚分(ランナー1枚)キットに入っていました。
純正品は形は悪くないのですが、カステンでは内外2つで1枚になっているのを、内側パーツが3個になっている上にバリやゲートの処理が面倒くさく組みにくいです。

448.jpg

誘導輪も取り付けて、後は塗装を残すのみ。
おーなんかカッチョいいなぁ~と思いましたが、多分カステン履帯を付けたことによるプラシーボ効果でしょうね。
多分、今年初のAFV完成品となりそうです♪

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

1/35 ルノーFT その2 

2009.12.21

438.jpg

足廻りが左右入れ替わって置いてありますんで勘弁してください。
1の部分はただの丸棒になっているのですが、実車はスプリングになっているのでジャンクから流用。
砲塔部のリベットも打ち直し完了。

439.jpg

その後、足廻りと粗方の部品とエッチングパーツを取り付け。
操縦手バイザーは砲搭載型は増加装甲が付けられたものがあまり無かった様なので、元に戻しました。
排気管は実車側面とすり合わせても前過ぎるので、車体取付部を切り離して後ろの方にやっています。
ガチガチに固い履帯ですが、あらゆる手持ちの接着剤ではくっつきませんでした。
おまけにクセを付ける最中に切れてしまいカステンの連結式を入手しないとイケないようですが,
地元ではどこにも在庫がありません。
またしても、完成が遅れてしまうのか....

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

1/35 ルノーFT その1 

2009.12.16

未完成品の山が累々と築かれております今日この頃。
無謀にもまた一つ、RPMのルノーFTに着手しました。

RPM、ルノーFTで検索すればおおよそこのキットの粗探しが出来ます。
それを参考に説明書の手順無視で、車体、足廻り、砲塔の4つにざっと組んでみます。
特に車体と足廻りは形にしておかないと、両者を組み合わせる際の位置決めに大変難儀します。
なお東欧魔キットにも関わらず深刻な問題点はありませんでしたが、細かなパーつ分割が多いのですり合わせに少々骨が折れます。


436.jpg


特に細かいパーツの組み合わせが多いのでパテ埋めしています。
覘視孔が大きいのでプラ材で細く加工、操縦手用バイザーはWW1戦後型をチョイス。
キットの誘導輪がWW1戦後型というのもあるのですが、個人的には1940年にもなって独軍に立ち向かざるをえないFTという絵が買った時から浮かんでいたので迷いは無かったです。

437.jpg


八角形砲塔は組むのが面倒い上に、リベットが刺のように飛び出ているので全て打ち直さないといけないようですorz..
ここの天板があまりに厚く再現されているので、すり合わせる際にどうせやらないといけないのですが。


足廻りはここをハンダ線にてスプリングを再現した位で問題ありません。
誘導輪は履帯を取り付ける際にテンション調節をしないといけないので、後から取り付けます。


最近、あまりの在庫の量にとにかく作り始めないと欲しい物が買えなくなるんじゃないかという強迫観念にとるつかれたようでして。
AFVが2つ、ガンプラが4つ、その他2つ程が塗装を待つばかりの状態でSTOPしております(爆)
正月休みにでも塗装しようと思ってるのですが、結構スケジュールが詰まっていて無理みたいです...。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

ルノーR35その6 

2007.02.13

75.jpg
やっと完成しましたぁ。
以前"その1"でふれていた部分以外はそのままです。
覆帯の数が合わないとか、迷彩パターン、マーキングが分からないとか、いつもより若干苦労が多かったですね。
参考にしようと作例を探したのですが殆どヒットしませんでした。
独軍仕様はいくつか良い出来物を作られていた方がありましたけど。

という訳で完成品はココです!

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

ルノーR35その5 

2007.02.11

73.jpg
やっとここまでこぎつけました、大詰めカステンの覆帯組み立て。
2mmのアルミ板でアングル材を作ってガイドにしています。
こんなに小さい部品片側だけで124枚...。
視力の衰えが目立つ自分にはつらい作業でしたが、両方で1時間50分弱で終わりました。
可動式だったらこの倍位だったと思いますが、途中で止めるって事ができるのでコレよりも苦労は少ないかもしれません。
連休最終日に完成予定です。

テーマ : 模型・プラモデル・フィギュア製作日記 - ジャンル : 趣味・実用

 | HOME |  »

カレンダー
09 | 2018/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
FC2カウンター
最近の記事
ネタ
最近のコメント
プロフィール

あきら式改

Author:あきら式改
子持ちモデラーあきら式改の1/35AFVとかガンプラとかの模型製作記&貧乏にだらだら過ごす日々の雑記(愚痴有)

リンク
twitter
 
月別アーカイブ